Currently browsing category

加賀お国染ミュージアム, Page 3

絵になる着物~加賀染アートきもの

国際交流サロンで開催中の「もったいない」の知恵袋 と同時開催してる、石田巳代治の挑戦~アートきもの発表会です。 ご覧になったお客様の声でした。 「掛けても絵になるわね!」 まさに、アートきもの ならではの評価を頂けてとて …

精緻な加賀繍の仕事~時代半衿展

当コレクションの中でも人気の時代半衿展が始まりました。 精緻な加賀繍がびっしりと施されています。   国際交流サロンでは長襦袢も展示していますが、 半衿と共にとても素敵で大胆なものです。 かつて、日本人は半衿一つ、ここま …

国際交流サロンで本日より開催

加賀のお国染にみる「もったいない」の知恵袋展 本日より5月8日までの開催です。 場所は広坂の石亭さんヨコ、国際交流サロン。 入場は無料です。店主的には千円頂いても良い位の 内容だと自負しています。 しかし今回は千円も取っ …

加賀のお国染にみる「もったいない」の知恵袋

今年のGW特別企画は、花岡コレクションの裏を お見せします。 オンボロ大将の異名を取った当店会長の花岡慎一は ボロ屋さんからお国染を収集しました。 今回はその中でもボロ中のボロ! 継ぎ接ぎだらけの風呂敷やのれん、夜着そし …

時代袱紗展~袱紗に見る花の表現~加賀会場

加賀染織工芸館からのご案内です。 就職、新入学とお祝いの季節ですね。 昔はちょっとしたお祝いでも丁寧に袱紗で包んで贈ったものでした。 そんな加賀に伝わる古い染めの袱紗を集めての時代袱紗展が JR加賀温泉駅横の きもの華や …

武士の制服 時代小紋展 

タテマチゑり華内のサロンで開催するのは、江戸時代の 武士の制服である小紋。 映画「武士の家計簿」でお馴染みとなった猪山家の人々 が着ていたのが小紋着物なのです。  映画では家に帰っても制服姿でしたが、普通は お城に登る時 …

愛くるしい動物たちが描かれています。

JR加賀温泉駅隣の加賀染織工芸館では、時代子供の着物展、 「男児の子供の着物にみる動物たち」をテーマに 愛くるしく描かれた動物たちを展示しています。             何の説明もいらないですね。 文句なしの可愛さで …

加賀のお国染 時代袱紗展~タテマチ本店で

最近ではほとんど見ることがなくなった、江戸時代から明治・大正時代の 袱紗を展示しています。 今回は「袱紗にみる花の表現」というテーマです。 袱紗(ふくさ)の語源は「ふっくらと柔らかい」という意味から来ているようで 茶袱紗 …

100年前の花嫁のれんを展示中

JR加賀温泉駅横の加賀染織工芸館では 華やかな「時代花嫁のれん展」を開催中です。 今回は花嫁のれんが時代と共に変わってきた流れが 判る内容となっています。 明治の頃は藍染の3巾のれんでとても地味でした。 化学染料が日本に …

加賀のお国染~動物柄男児の着物特集

男の子の着物ばかりを展示しました。 それも、動物柄が入ったものばかり! 干支のうさぎさんをはじめ、仔犬、馬、山羊、猪、鶴、雀、鷲、鯉。 どれも可愛く、たくましく、凛とした姿がとても素敵です。   家族が子の成長を願い、誂 …

本日より開催!国際交流サロンでの加賀のれん展

昨年末に北國新聞で大きく取り上げられたこともあり、 初日から沢山の方にご来場いただきました。 今回から、11時と15時に列品解説を行なって います。 形式にこだわらず、質問を交えながら楽しく おしゃべりしている感じです。 …

国際交流サロンで時代加賀のれんを展示

恒例となりました、花岡コレクション新春特別企画展。 今回は人気NO.1の「花嫁のれん」を含む、時代加賀のれんです。 場所は雪吊の庭園も美しい広坂のお屋敷。 石亭さんの筋向いになります。 「花嫁のれん」というタイトルのお昼 …

タテマチゑり華本店では時代外のれん展

加賀のれんの中でも日常使われる藍染筒描きのれんを「外のれん」 と云っていました。 当店会長がいわゆる花嫁のれんと合わせて「加賀のれん」としたのは 40年前の「暮らしの手帳」で特集されたんが初めでした。 世の中に広く加賀の …

タテマチゑり華では時代長襦袢展

友禅染めの長襦袢。 今回はその中でも、「物語のある模様」を集めました。 内側に重ねて着用する長襦袢には、表には 見えない隠れた模様の楽しみがありました。 どんな意味が込められているか、ご覧になって 解明してみてください。 …

加賀染織工芸館では時代子供の着物展

いつも取材に来てくださる北國新聞社さんの記事が 先になってしまいました。 ちょうどご来店の方もあって、楽しんで頂いている ところを写真に収める事が出来ました。 思わず和んでしまう子供の着物に不思議な力を感じる のは店主だ …

百年前の継ぎ接ぎだらけの風呂敷たち

JR加賀温泉駅隣の「加賀染織工芸館」では 「時代風呂敷展」束ね熨斗文様を集めて を開催中です。 昨日もインドネシアのローケツ染め「バティック」を収集されている ご夫妻が熱心にご覧になっていました。 筒描きはロウではなく糯 …

明治、大正、昭和時代の女児の可愛い着物を展示

残暑厳しいなか、9月です。 タテマチ本店、染織サロンでは時代衣裳は女児の着物特集です。 現代の子供の着物はとてもカラフルで綺麗ですが、それは最近の こと。 明治時代まではとても渋いものです。 それは、色のない時代だったか …

束ね熨斗(のし)柄を集めて時代風呂敷展

贈答品に「のしをかけて」と、デパートでも注文することが ありますが、みなさん「のし」はもともと何かご存知ですか? 実は「あわび」なんです。そう、食べる高級な鮑です。 店主も初めはびっくりしました。なんと生臭いものをと。 …

加賀染織工芸館では唐草文様展

本日から加賀染織工芸館は時代唐草紋様展。 主に布団などの夜具に使われていた、唐草紋様を伊勢型で 藍染にした約100年前の生地を展示しています。 「はなきもの」の柄の元になっているのもこの唐草文様。 花岡コレクションのこの …

JR加賀温泉駅隣 加賀染織工芸館では刺繍半衿を展示

  昔のひとはすごかった! こんな感想とため息が漏れてきそうな展示です。 季節ごとの半衿をそれも、凝りに凝った素晴しい 刺繍の半衿を贅沢にもその都度付け替えては着飾った ことでしょう。 今は単衣の季節。 絹地という単衣専 …

懐かしの銘仙を展示しています。

タテマチゑり華本店内の加賀染織工芸サロンでは 時代銘仙展を開催中です。 アールヌーボー、アールデコに影響を受けたモダンで 斬新な色柄はちょっとすごいです。 日本にもこんな時代があったのか! という驚きと共に 時代の感覚を …

国際交流サロンのお客様に、美の壺の真相を問う

連日沢山の方が起こしになっています。 先日は加賀友禅作家の藤村建雄さんがお越しに なりました。 藤村さんは毎月のタテマチ本店の工芸サロンにも 必ず、ご来店下さいます。 先日NHK「美の壺」の金沢特集にもご出演され、 一躍 …

試着シミュレーションで盛り上がってます。

   今回の国際交流サロン、「お国染展」の見逃せない所、 というより体験コーナーがこの「試着コーナー」。 なにを試着するかというと、昨年の補助事業で制作した あの、オジョメ着物です。 今後の試作品作りの貴重なテストマーケ …

広坂の国際交流サロンで加賀のお国染・総覧展

本日より5月9日(5/3は休館)まで広坂の石川国際交流 サロンで開催します。 今日は初日とあって、取材の方が多く来られ、その対応で 1日が終わってしまいました。 今回は見所沢山、てんこ盛り状態でどこが一番お奨め?の 問に …

加賀のお国染・総覧~花岡コレクション特別展

加賀染織研究家である花岡慎一がライフワークとして 取り組んだ「加賀のお国染」のコレクションの中から、 その全容を見ることのできる「総覧」の特別展です。 花嫁のれん(内のれん)・外のれん・袱紗・風呂敷・ 夜着・着物・子供の …

4月の加賀染織工芸館は時代袱紗展

北國新聞の加賀版でも紹介されています。 最近は催事の初日に当たるものですから、店主自らが写っています。 本店とは又違った見え方になるのは不思議です。 特別の空間になるようですね。 袱紗は大切な方への贈り物の礼法として使わ …

タテマチえり華本店内のサロンでは時代小紋展

江戸時代の武士の制服はご紋の入った着物に裃(かみしも)、袴(はかま)。 その生地の柄は何かというと、これが江戸小紋の鮫小紋に代表される 小紋です。 現代では身頃の脇で柄が合わなければ全て小紋というようになって ちょっと店 …

愛情豊かな暖かいヴィンテージ子供の着物を公開

JR加賀温泉駅隣のきもの華や内の「加賀染織工芸館」では今月、 綿の入った暖かな子供の着物を特集して陳列しています。 ご覧になった方は、結構渋いのね、と感想を言われますが、明治・大正時代が 主の花岡コレクションは現代のよう …

人物を描いたヴィンテージ袱紗を展示 本店サロン

最近ではあまり使われることも少なくなっている袱紗ですが、 人生の大切な場面やそれなりの重要なお祝いの祝言の脇役として 活躍した古の面々を展示しています。 今回はその中でも人物を描いた袱紗を特集しました。 いろいろあるもの …

加賀染織工芸館では花嫁のれんを展示中

華やかな花嫁のれんは人気NO.1ですね。 この時期、工芸館は一年の中でも特に賑わいます。 雪と蟹を目当てに、沢山の方が加賀温泉に見えるからです。 特に関西の方が多いのですが、口々にいいもの見せてもらって ありがとう、と喜 …

愛情にあふれた明治から昭和初期の子供の着物

2月4日から始まった、ゑり華タテマチ本店内の 加賀染織工芸サロンの展示は とても可愛い、子供の着物たちです。 愛くるしさを振りまいていますね。 今回は型友禅の技法を使った華やかな子供の着物も展示しました。 何十枚もの型紙 …

石川国際交流サロンでの特別展は5日から

「加賀のお目出度尽し」と題して、サロン全館を使わせて 頂いての特別展示です。 今回はちょっと今までと雰囲気が違うと感じる方が多いと 思います。 それは、加賀のお国染にははまらない、豪華な打掛や振袖 小袖、刺繍の大袱紗も展 …

加賀の染織工芸館は時代夜着を展示

金沢会場の展示を巡回しています。 金沢で見るのとは又違ったみえ方になると思うのは店主 だけでしょうか? 両方の会場を見比べる人はあまりいないと思いますが・・・ 加賀の工芸館はその名が示すように、独立した贅沢な空間で 花岡 …

新年は時代花嫁のれん展 からスタートです

お正月らしい華やかな展示になりました。 花岡コレクションの中でも一番人気の展示です。 明治・大正・昭和戦前とその変容をご覧になれます。 正絹の縮緬で五巾(いつはば)のものはごく最近のものであることが分かります。 ご存じな …