Currently browsing category

加賀お国染ミュージアム, Page 2

『時代子供の着物展』展示風景①

『時代子供の着物展』開催中!9/30(日)まで。

9/1(土)より始まりました 『時代子供の着物展』。 今回のテーマは ~夏から秋の子供の着物~ ということで、夏・単衣生地の子供の着物を展示しております。 ↑『時代子供の着物展』展示風景です。是非、直に見てもらいたいです …

『時代風呂敷展』 展示風景

『時代風呂敷展』 展示中!

『時代風呂敷展』 展示中! 是非、加賀の風呂敷文化をご覧になって下さい。 ↑『時代風呂敷展』店内2Fの展示風景です。 ↑家紋入りの風呂敷です。 ↑包むと家紋が正面に見えます。 明治時代に入ると、庶民も名字・家紋を持つよう …

IMG_5087

時代唐草文様展 in 加賀染織工芸館

残暑お見舞い申し上げます。 私達も暑さにめげず、涼を取り入れるため、昼ごはんにはきゅうりを食べて、 暑さを凌いでいます。…今年ほどきゅうりを食べてる夏は無い…。 お家で採れたきゅうりで食べきれないものありましたら、私達に …

『時代唐草文様展』 展示風景

花岡コレクション 『時代唐草文様展』 展示中です!

7/1(日)より始まった 『時代唐草文様展』 お陰さまで、いろんな方がお見えになってます。 「デザインの勉強の為」と言って、加賀の友禅師さんもご覧になってます。 『唐草』の、そのデザインの豊富さに興味津々でじっくりと見て …

『時代唐草文様展』 展示風景

『時代唐草文様展』 7/1(日)~始まりました!

↑『時代唐草文様展』 展示風景です。   7/1(日)より 花岡コレクション『時代唐草文様展』 が始まりました! 7/29(日)まで約1ヶ月間、店内にて展示しております。 今回の『時代唐草文様展 』の展示品は …

時代半衿①

時代半衿展 開催中

今日もすっかり梅雨空です。 こんな空模様の時は、ぱっと華やかなもの見たい・・・ そんな貴女は ぜひ、「時代半衿展」をご覧ください。 来場の皆さんは「!っ…っ!」と声にならない声を上げて、 ご覧下さいます。 そりゃぁもう、 …

『時代銘仙展』

『時代銘仙展』 店内展示 6/24(日)まで!

↑『時代銘仙展』展示中です!   着物文化の一時代を築いた『銘仙』 平織の絹織物の一種であり、伊勢崎・秩父の機場を中心に織られていました。 江戸時代、玉糸(節のある太い生糸)や熨斗糸(絹の屑糸)を用いた『太織』 …

時代半衿

タテマチゑり華では時代半衿展 開催中

金沢・竪町 加賀友禅の店 ゑり華本店では本日より 時代半衿を展示しています。 加賀繍の緻密さを最大限に活かした手わざの仕事と、 その優れた感性をじっくりご覧下さい。 とってもおしゃれな半衿に皆さん驚かれています。 5月2 …

国際交流サロン

加賀のお国染 特別展開催~文房清玩~

金沢市 広坂の偉人館前、石亭さん隣の国際交流サロンで 本日より、5月6日のゴールデンウィークの開催です。 4月30日(月)は休刊日になりますので、ご注意下さい。 今回のテーマは 「文房清玩」 ~清らかな日常に願いを込めて …

裃の着装

ゑり華竪町本店では時代小紋展を開催中

  今回は小紋の原点、裃(かみしも)を特集。 武家の家紋を多く紹介しています。 裃は字のごとく、肩衣と袴のついになったもの。 上下で裃です。 今では時代劇でしか見ることのない裃ですが、 江戸時代、加賀藩で使われ …

明治・大正時代の袱紗を展示中

タテマチ本店内の加賀染織工芸サロンでは 明治・大正から昭和初期にかけての古い袱紗を 展示中です。 現在では使い方もご存じない方が増えてきましたが、 大切なものを大切な人へ贈るときには当たり前に 使われていました。 最近で …

金澤翔子書展~アンコール

本日は会長、花岡慎一の満83歳の誕生日。 ホームで元気に暮らしています。 そんな会長からのプレゼントでしょうか? 素晴らしいご縁と共に、感動の作品2点が搬入されました。 国際交流サロンで開催されていた 「金澤翔子書展”ダ …

花嫁のれん展 好評開催中 タテマチ本店

皆様、本年もよろしくお願いいたします。 松の内も過ぎて、今年初めての更新です。 出遅れてしまいました。 お蔭様で、国際交流サロンの「加賀のお国染展」は 寒い中、沢山の方に観ていただき、多くの励まし、感動の 言葉がけを頂き …

加賀のお国染、特別展が紹介されました。

今朝の北國新聞に見開きで大きく掲載されました。 とてもにぎやかな花嫁のれんです。 出品はのれんのほかにも打掛や、袱紗、風呂敷、夜着 子供のきもの、半衿と多岐にわたります。 総数約70点で結構見ごたえのある内容となっていま …

JR加賀温泉駅のきもの華やでは時代外のれん

じっくり見てください。 のれんの柄が何かに見えませんか? 特に両脇の、外のれん。 店主は歌舞伎役者が見栄を切っているようにも、 芸妓がしなを作っているようにも見えるのです。 外のれんは町屋の普段掛け。花嫁のれんとは使い方 …

迫力の夜着を展示中 タテマチえり華

加賀染織工芸サロン、タテマチ本店では時代夜着を 展示中です。 暗い寝室でも浮き出てくるこの迫力! 昔の職人さんはちゃんとこのことを解って染めています。 現代は明るすぎるのかもしれないですね。 大震災の後、電気の節約で一時 …

歴博は展示替えで一新です。

好評を頂いている、石川県歴史博物館の 「染の華、織の心-加賀能登の技とデザイン」展は 後半に入りました。 染物はデリケートなので、相当数、入れ替えて 展示して直しています。 一度観られた方も、もう一度お楽しみ頂けます。 …

四国松山市の萬翠荘で、花嫁のれん展を開催

店主は今四国松山市の萬翠荘という愛媛県指定有形文化財になっている迎賓館で、 花嫁のれん展を開催しました。 大正時代の雰囲気ととても合ってました。 お声掛け頂いた、すがたや田中様と。 四国では、初お目見えです。 テレビや新 …

明治・大正・昭和の長襦袢展

世間では「江戸ちり」とも呼ばれているようですね。 華やかな色は全て化学染料。だから明治の終わりから 大正にかけてのもの。 決して江戸時代に華やかな縮緬の小紋柄は存在していません。 また、移し糊による型染めも明治の発明。 …

石川県立歴史博物館、館長の脇田晴子さんにご挨拶

3年前、当館で開催された世界大風呂敷展で熊倉功夫先生が講演で おいでになったときにお会いして以来のご無沙汰でした。 脇田館長さんは2010年度の文化勲章受章者でいらっしゃる方です。 神戸の方ですからお話も楽しく、小さい頃 …

加賀友禅の礎となったお国染の展覧会です。

石川県歴史博物館の 秋季特別展 染の華 織の心-加賀・能登の技とデザイン- が本日から始まりました。 今日、ご紹介するのは今回の展覧会の図録です。 通常、図録というと展示品が何点かカラー写真で 掲載されて、あとは少しの解 …

石川県立歴史博物館でお国染の特別展が開催

9月23日から県立歴史博物館で行われる秋季特別展です。 県立美術館隣のレンガ造りの旧美大跡の建物です。 「染の華 織の心-加賀・能登の技とデザイン」と題して 11月3日まで開催されます。 出品の約半分が当花岡コレクション …

JR加賀温泉駅の加賀染織工芸館では風呂敷の繕い

こちらは加賀店で現在展示中の時代風呂敷展。 テーマは「裏側の繕(つくろ)い」。 今回は当コレクションの中でもボロの中のボロを集め ました。(失礼! でも本当。) 例えばこの帆掛け舟の風呂敷。表からは想像もつかない、 継接 …

花岡コレクション タテマチ本店は子供の着物

月半ばになってのご案内、お許しください。 今回のテーマは「風景」。 何ともゆったりとした、長閑な佇まい。 両親は何を願ってこのような図柄にお誂えしたのでしょう? はっきりは分かりませんが、この豊かな表現を見て いると何と …

懐かしの銘仙を展示中

JR加賀温泉駅となりの加賀染織工芸館で開催中の 時代銘仙展をご紹介しています。 「はじける大正ロマン」というサブタイトルです。 銘仙にも薄物があることが、写真でもお分かりかと 思います。 窓側に透けたものがそうです。もう …

明治時代の布団地~時代唐草文様展

明治時代は世の中の木綿の布は半分はこの唐草文様だったのでは ないでしょうか? それほど、庶民に愛された布でした。 花岡コレクションの中でも、最も数が多く、また、種類も多いのが 木綿地の中型藍染唐草文様です。 その他の木綿 …

加賀染織工芸館では時代半衿展 

大正時代の半衿が中心です。 この時代の半衿に対するこだわりが半端でないことが よく分かります。 それは季節に応じたというより、とても敏感に半衿を コーディネートしていたことが伺えるのです。 父である会長は着物がまだ地味で …

大正時代に花開いた銘仙を展示

金沢・タテマチゑり華本店、加賀染織工芸サロンでは時代銘仙展が 始まりました。 懐かしさと、大胆さで幅広いファンが今でも健在の人気のコレクション展示です。 残念ながら加賀の産物ではありませんが、加賀・金沢で着用されたもの …

子供も凛々しい裃姿

JR加賀温泉駅隣のきもの華や内の加賀染織工芸館で開催中の 時代小紋展の展示の風景です。 トルソーに着付けての展示は小紋の着物と裃なのでこのように しています。 武家の家計簿でもそうでしたが、武士の制服がこの裃。 子供も5 …