Currently browsing category

店主の独り言, Page 10

いつまでもお元気で!

 本日、3月23日が当店会長、女将の金婚式。結婚50周年の日です。誠におめでとうございます。本店スタッフに祝福されて満足そうなお二人です。「長続きの秘訣は?」などと野暮なことは聞かないことです。お互いのガマンしかありませ …

加賀友禅の店 ゑり華(えりはな)だから出来ること。

西陣の機屋(はたや:帯のメーカーさん)とオリジナル袋帯「華好み」制作中の店主  加賀友禅はもともと、お誂え染めでした。当店創業者の花岡慎一は、もっと手軽に加賀友禅を着て欲しいという想いから、この店を立ち上げました。その為 …

加賀友禅作家 藤村建雄さんのこと

 藤村建雄さんはお父様の藤村加泉さんの代から親しくお付き合いさせていただいてます。職人気質なところを受け継いで、お誂えなども受けて下さいます。展示会で見たものでも地色や柄の好みを聴いて下さいます。本店内にある加賀染織工芸 …

乙女の勘違い?!

 きもの華や加賀店での出来事。 高瀬店長は今日も今日とて、手振り手振りのお話しで、お客様と楽しくやりとりしておりました。  昨年好評だった「きものdeさんぽ」スペシャル「華の宴inつば甚」が本年も4月17日に開催すること …

撮影者 花岡慶子

ペン習字の発表会

   恥ずかしながら、告白します。実は3年前からペン習字を斉藤千佳子先生に習っています。タテマチ本店近くの「喫茶犀せい」さんがお稽古場です。お稽古仲間との楽しい雰囲気、犀せいさんの美味しいカレーと珈琲につられて、無断欠席 …

百年前のお洒落さは

 タテマチ本店で開催中の「時代長襦袢展」。連日、何人もの方が見に来られています。  古着の虫干しにしか見えない人もいらっしゃるかと思うのですが、よーく見るとつくづく、感心するのですね。何種類もの襦袢地を継ぎ合わせてあるも …

ゑり華本店

誤解なら解いて!当店のイメージ

先日の同窓会での会話。「ゑり華(エリハナ)は私らが入れるようなお店でないもんね。」、今に始まった事ではありませんが、近しい方からもこのように言われる事が多く、苦慮しています。  決まって、ご来店頂いていない方の言葉なので …

34年ぶりの中学の同窓会

 ひょんなことから34年ぶりに中学3年生の同窓会を開くことになりました。  たまたま同級生のお1人(女性)が息子さんの入学式に親に仕度してもらったきものを着ようと思ったのですが、着物のサイズや帯や小物の合わせ方が不安で、 …

勘違いもまた真実!?

「さんぽde初詣in長浜」を企画中のお話。当店の加賀店に出入りされている若い営業マンさんにも長浜行きを勧めていました。この営業マンさんなかなか熱心な方で、着物にも興味をもっておられ自前で用意もされていました。「長浜ならラ …

紗やかさん

次の日の粉白粉のノリが違うんです。

 前進座の裏舞台の披露でも見られた、粉白粉(ドウラン)。地元の芸妓さんも毎日使っています。ただ、お肌には結構なダメージがあるんだろうなと、思いまして年賀代わりに石鹸を贈りました。これがタダノ石鹸ではないのです。効果の程は …

きものパスポートなお客様

本日ご来店のお客様Mさん。今からお出かけというタイミングでご来店されました。着物姿を拝見するたびに素敵になっています。  今日のポイントは、紬だけど重ね衿。シンプルにモノトーンでまとめられるのがお好みのMさん。胸元がちょ …

おかげさまで金婚式

   長岡八幡宮 寄り添いの松にて   (このしめ縄をくぐると更に仲良くなるそうな)  きものde初詣の折、二人の写真を撮ろうとメンバーが声を掛けました。 メンバー「会長さん、女将さんとツーショット撮りましょう!」 会  …

初釜に行ってきました。

加賀店のお客様とメンバーがお茶のお稽古でお世話になっている先生のお宅で初釜があり、私も参加させてもらいました。  お天気にも恵まれ、何とも日本のお正月らしい贅沢で優雅なひと時を味わうことが出来ました。先生のご主人が茶道具 …

「しばわんこ」のねつけ

和のこころを持つしば犬、しばわんこ。当店では行儀見習いの教科書として「しばわんこ 和のこころ」という川浦良枝さんの絵本をサロンに置いています。  なんとこのしばわんことみけにゃんこのキャラクター携帯ストラップががしゃぽん …

女将のきものコーディネート

ゑり華、華やの女将です。店主の母親になります。当店のカリスマコーディネーターです。青山・ゑり華の移転記念パーティーの席上、山形の野々花染工房主宰の諏訪好風先生が大激白をしていました。「ゑり華の女将さんが好きだ!」と。真相 …

友禅作家の下村栄三さんとゆめ吉さん

おひきずりの話 その3

    友禅作家の下村栄三さんとゆめ吉さん 何とか納期に間に合った、おひきずり。その後のお話。芸妓さんは昨年デビューした、西のはん家さんのゆめ吉さん。この日は苦労して仕上げた加賀友禅作家の下村栄三さんとのご対面が実現しま …

今日も素敵にコーディネート

 お客様がお手持ちの袋帯4本を持ってのご来店。その内1本はまだ一度も締めていない金地のフォーマル用の帯でした。使えない帯と、諦めていたようでした。たまたま、気になっていた加工着尺(普通小紋とひとくくりされてしまっている柄 …

堀夏奈子さんのManner is Love.リリースライブ

 JAZZシンガーの堀夏奈子さんが、新曲リリースとクリスマスライヴを金沢・片町ライブハウス・ケントスで行われました。金沢ナンバーイメージソング「Manner is Love.」は彼女の作詞・作曲です。アップテンポでノリの …

あってはならないことが・・・

お客様の大切なお着物に、無断ではさみを入れてしまいました。袖詰めの加工を依頼され、安易に仕立て屋さんにまわしてしまったのです。切らずに詰めることを明記せずに・・・担当者、受付者、加工先いずれも問題が無い訳ではありません。 …

木村州宏さんの手拭展

木村州宏さんは私がまだ中学生の頃、ゑり華が開店して間もない昭和48、9年ごろからのお付き合いの友禅師さんです。父から友禅のいろはを教えてもらったと、ご本人は言われますが、大変な努力家で何事にもまじめに、一生懸命取り組まれ …

おひきずりの話 2

おひきずり制作に打ち込む加賀友禅模様師=下村栄三さん おひきずりは一言で言うと、留袖の裾の長いきものです。黒のおひきずりはお正月の松の内(15日)まで着る、 特別な衣裳です。その後の1月までは色のおひきずりになりますが、 …

お引きずりご存じですか?

おひきずり二分の一の着色図案 今、西の芸妓さんのおひきずりを誂(あつら)えています。来年1月4日のお披露目に向けて、最後の追い込みに向けて走っています。出来上がりがとても楽しみです。写真の図案をお茶屋さんのお母さんと注文 …

店主の花岡から皆様へのご挨拶

ゑり華の店主 花岡央至と申します。 この度は加賀友禅の店 ゑり華のサイトをご覧頂き、誠に有り難うございます。 ビジュアルを一新し、最新の情報を分かりやすくご紹介させて頂けるようなホームページを目指し、店舗ともども誠意努力 …