Currently browsing category

加賀友禅訪問着, Page 2

『加賀友禅訪問着』 大久保謙一作 「ノバラの小径」

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~ 『加賀友禅訪問着』 大久保謙一作 「ノバラの小径」 薄いクリームとグリーンのボカシ染め分けが、 柄の優しさを一層引き立たせている作品です。   ↑重々 …

『加賀友禅訪問着』 松井眞夫作 「墨梅茶屋辻」

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~ 加賀友禅訪問着 松井眞夫作 「墨梅茶屋辻」 あっさりと描いた茶屋辻に細身ながらも力強い墨梅が、 「間」と「裾暈し」を上手く使ってバランスよく作られている作品です …

『加賀友禅訪問着』 古泉良範作 「四季花車」

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~ 今回は、『加賀友禅訪問着』 古泉良範作 「四季花車」 です。 訪問着でも格調の高い柄で、非常に趣のある雰囲気を持っています。   ↑「自然の草花」と「 …

『加賀友禅訪問着』 口野春峰作 「花のしおり」

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

加賀友禅訪問着 口野春峰作 『花のしおり』 優しい雰囲気の中に、動きのある草花・おしどり柄が 非常にバランスよく描かれています。 ↑地色のボカシの表現と、柄の配分バランスが絶妙で、とっても着映えします! ↑上前部分のアッ …

加賀友禅訪問着 大西正廣作 『ホトトギス』

加賀友禅訪問着 新柄コーディネート!

新柄入荷!早速ご紹介いたします。 加賀友禅訪問着 大西正廣作 『ホトトギス』 ↑着物に赤味が入っていないので、年令に関係なくお使いいただけます。   「薄いグレー地に濃藤色の裾ボカシ。 ホトトギスが優しく描かれ …

加賀友禅訪問着 グレー 柿本市郎作

ちょっとシックな加賀友禅

今日はシックな加賀友禅のコーディネートをご紹介。 加賀友禅訪問着 柿本市郎作 「グレー地に葦の柄。 品よく落ち着いた雰囲気が一押しの訪問着です。 袋帯は別織のゑり華好み。 気張らない感じで小物を際立たせ、 着物の柄にも邪 …

加賀友禅 新作訪問着

本日はゑり華タテマチ本店 木下のコーディネートです。 訪問着は宮野勇造先生の作品。 墨色地に菱形草花文の新作です。 落ち着いた地色に柔らかな草花を菱形に納め 上品で格調の高さを感じさせます。 大切なお席にも帯び次第で対応 …

美の壷に映っていた加賀友禅訪問着

先ほどお問い合わせがありました。 美の壷のお店で着付けていた後ろに映っていた 訪問着はいか程?というものでした。 お客様はよ~くご覧になっているものだなあ、と感心 してしまいました。 以前にご紹介してあったと思ったのは別 …

加賀友禅訪問着の新作~高平良隆作 

なんという地色でしょう。 紫? くすんだ古代紫にも・・・ 茄子紺? でもないですね・・・ えもいわれぬ、素敵な地色です。 題名は「花みずき」。 訪問着全体には柄をいれていません。 でも、着映えのする柄付けになっています。 …

加賀友禅 新作訪問着 松井眞夫作品

昨年、新たに加賀友禅伝統保存会の会員になられて石川県の 無形文化財に指定された松井眞夫さんの作品です。 題名は「雪割草」。 松井さんらしい色使いです。 どこか、ぼっこりとして愛らしい優しさが漂います。 北村武資さんの「花 …

吉田淳子さんの加賀友禅新作訪問着

今回も、ゑり華とのコラボです。 図案から吉田さんと取り組んで地色、配色も店主が 色出しをしました。 このような制作依頼を行なう場合、実際の作り手である 吉田淳子先生とプロデュースする私、そして悉皆という 職方を廻る仕事人 …

松井眞夫作 加賀友禅訪問着

当店では久し振りの松井さんの新作です。 ある商社の記念展用に特別に染められたテーマ作品です。 近江の國をテーマにしています。 松井さんは昨年末に石川県無形文化財 加賀友禅技術保存会 会員となられました。 当店会長のもとに …

新作加賀友禅~付下げ柄の訪問着をコーディネート

本日ご覧にいれるのは、山田武志作の訪問着。 八掛も付いているので訪問着なのですが、店主からすれば これは付下の柄付けですね。 最近、加賀友禅の世界では「付け訪」という言葉がよく聞かれます。 なんですか?と尋ねたら柄の少な …

新作加賀友禅をコーディネート

コーディネーターは本店スタッフ大原さんです。 「ピンクみの紫地に牡丹の花、花の色に白、黄、ブルー とこれまでにないオシャレな色使いです。帯は黒地に ピンクとブルーの色を効かせ優しさの中に品格もあり 仕上げにはブルーの帯〆 …

矢花博呂美さんがご来店

以前にもご紹介した矢花さんの訪問着「山ぶどう」です。 その前で作品をみているのは実は、作者の矢花さんです。 加賀友禅大祭典のイベントで糸目糊置きの実演を見に 来られたのでした。 この作品も糸目は矢花さんご自身で糊を置いて …

お洒落に着たくなる、これも加賀友禅。

ようやく金沢も秋めいてきましたね。 これからの季節にふさわしい当店の加賀友禅を スタッフがいろいろコーディネートします。 今日は荒谷さんです。 「秋らしい装いにと、葡萄柄の訪問着を真っ先に 選びました。まいづる製の帯と合 …

堪能の加賀友禅~熱狂のGWスペシャルその3

本日のコーディネートは若女将。 さっそくコメントをどうぞ。 ◆私の大好きな加賀友禅作家の高平良隆先生に、 敢えて紬地に描いていただいた訪問着です。 帯は千藤(ちとう)さんの真綿にプラチナのタイプを 合わせてスッキリと品格 …

宮野勇造作加賀友禅訪問着が染め上がりました。

      なかなかの力作です。 汐汲みの図柄です。 半年以上も前の展示会で注文をつけました。 濃い地の暈しの取り方を変更して新たに染めてもらった、 ゑり華好みの作品です。 糸目糊も綺麗です。 加賀らしい、多彩な彩色です …

滲んでいる所が訂正をした所です。

上田外茂治さんの作品が染め上がりました。

図案から、細かく注文をお願いしていました桜の柄の訪問着がようやく染め上がりました。 白生地に写した青花(あおばな:下図を写す際に使う、水で流れる青い色素のこと。細い細い筆で図案を写す)の状態でもかなり細かい注文を入れたに …