Currently browsing category

加賀友禅新作情報, Page 5

大橋俊之さんの和染タペストリー

 なんとも温かみのある染ですね。お正月の玄関ホールなどにピッタリのタペストリーです。 和染めは芹澤圭介さんが有名ですが、晩年のお手伝いをこの方のお父様や、伯父様がされていました。当店では15年ほど前まで毎年、「大橋三兄弟 …

名付けて「むささびコート」が入荷!

背中から見るとまるでムササビが滑空するように拡がるコートです。 肌寒く感じられる頃から、人気のコート。今年は刺子縞模様です。 ウール70%の混紡で裏地付ですからとっても暖か。着物はもちろん洋服でもジーンズにも似合ってしま …

滲んでいる所が訂正をした所です。

上田外茂治さんの作品が染め上がりました。

図案から、細かく注文をお願いしていました桜の柄の訪問着がようやく染め上がりました。 白生地に写した青花(あおばな:下図を写す際に使う、水で流れる青い色素のこと。細い細い筆で図案を写す)の状態でもかなり細かい注文を入れたに …

加賀友禅に包まれた「金沢の香り」 新発売

 これまでも「香り袋」はいろいろ扱ってもきましたし、オリジナルも作ってきましたが、今度の香り袋はじぶんでいうのも何ですが、良い香りです。梅の香りをベースにした、ほんのり甘く、キュートな香りです。試作品を自分の着物の袂(た …

千鳥型団扇

手漉き和紙草木染め千鳥団扇(ちどりうちわ)のこと

 ぱっと見何かな?と思われる方もおいでかも知れませんね。  実は、団扇なんです。団扇といえば満月型の棒が付いたものが普通ですが、この千鳥型はとってもおしゃれです。 なんと、手すき和紙に草木染めという懲りようです。作ってく …

今日は父の日、加賀の和柄ネクタイを贈ろう

華くらぶ 宝尽しネクタイ  「お父さん毎日ご苦労様です。」  娘さんがこんな声を掛けてくれたら・・・  誰も言ってくれないので自分で云ってます。そんな寂しいお父さんもいらっしゃるかもしれませんが、そんな方でも「ツキまくる …

野口さんの長板染め浴衣がやっと入りました。

 八王子にお邪魔したのが、去年の11月でした。八王子にお茶屋さんがあることにもビックリ(失礼!)しましたが、そのお座敷で金沢の門外不出の「お座敷太鼓」が披露されたことに、もっとビックリ!ちゃんと金沢のあるお茶屋さんから習 …

加賀友禅手描き小風呂敷を撮影

当店ならではの工房製の小さな逸品。生地は正絹鬼縮緬の重めを使用。シボ(縮緬独特のうねり)が高く、これに細い糊糸目を施すのは至難の技なのです。この高度な腕をもっているのが工房「華」のチーフデザイナーで加賀に伝わるお国染めを …

かわいいウリ坊と猪の手拭が出来ました

 ゑり華、華やのオリジナル手拭は開店以来、梨園染の注染です。両面が染まる昔ながらの独特の染色方法です。最近はプリント染が多くなっていますが、味わい深い注染が好きですね。生地は「特岡」という晒し木綿の生地で一番良いものを使 …