Currently browsing category

お誂え

唐織既製品

本日のご相談 着物を几帳に

女将の同級生という方が若い頃によく着た立派な訪問着を せっかく母が作ってくれたものだから・・・と几帳に加工でき ないかというご相談に来られていました。(写真は参考品) 見ると相当ヤケがひどく、今回はとりあえず洗い張りして …

花嫁のれん 作品確認風景

現代に甦った 『花嫁のれん』 

↑花嫁のれん 仕上がり確認を行なう店主と友禅師:友野雅子さん 「おーい、花嫁のれんが出来上がってきたぞー!」 の店主の声に、近づいてみると何か見たことがあるような『花嫁のれん』が。 何とビックリ そこには花岡コレクション …

みちのく 山ぶどう バッグ

みちのく 山ぶどう蔓

↑店主の私物です。今は見本品として店内に活躍の場を移しております。 そろそろ、ちょうど時期かなと思いまして。 『みちのく 山ぶどう蔓』 です。 豪雪の中で育った山ぶどうの蔓は、 しなやかで丈夫であり、弾力性に富んでいます …

加賀水引コサージュを胸に卒業式

店主がPTAの役員をしている高校の卒業式が本日行われ、来賓として 出席しました。 卒業生の胸にあるのは、加賀水引で作られた梅結びのコサージュです。 PTAから卒業生へご縁の輪が広がりますようにと贈りました。 357名全員 …

PFU様のお誂え加賀のれんが展示中

先日納入した、PFU様のご注文品が一般に 公開されています。 米国のナレッジレイク社様との提携を記念して 制作依頼があり、加賀友禅作家の魚津誠さんに お願いして染めていただきました。 通常ですと、このようなお誂えはプライ …

墨染めの浴衣で。

皆さん、お元気ですか? とにかく、暑いですね。 という訳で、浴衣で失礼いたします。 これは、昨年創った物ですが、着る機会を逸して、 今年、この暑さのお陰で出番が廻ってきたという 言い訳をしながら、お店で浴衣を着ています。 …

加賀友禅の振袖に振口布をお誂え

昨日は加賀友禅師の北出朝之さんと図案の打ち合わせ。 お客様からのご注文で、お求めの振袖の振り口布の柄を 桜の柄にして欲しいとのご要望で、新たに図案を起こし てもらったのでした。 振り口というのは袖の袖口と反対側の開いてい …

カナザワ映画祭公認の手拭が染め上がりました。

なんとか、開催前に間に合いました。 今、人気急上昇のデザイナー河村康輔さんのデザインです。 カッコいいですね。 黒地でデザインが細かいので、染めるほうは結構苦労してます。 仕上がりにちょっと店主は不満があるのですが、 納 …

オリジナルで小物箪笥を創りました。

実は来春ご結婚を控えたお客様のお母様のご注文で作らせていただいたものです。 市販されているものはどうも、寸法が足らないということでお誂えで創ってもらいました。 下段より2段は帯締めをいれる引き出し。3つ折にした帯締めが1 …

200種の鼻緒の中から選ぶ自分だけの草履お誂え

いよいよ、宝穣祭が本店で始まりました。 人気はやはり逸品百選と鼻緒をその場ですげる草履のお誂え。 たくさんの鼻緒の中から自分の1本を選ぶのに皆さん迷っています。 横目で見ていると性格というか好みがそれとなく出てくるのが何 …

帯揚や残布deお誂バッグはいかが?

今回のイベントの特別企画をせっかくなのでオープンに告知してしまいます。実はまとめてお願いしたほうが、送料も助かるので広くお声がけすることにしました。見本の写り悪くてすみません。いずれの型もファスナー付の中仕切りと内ポケッ …

刺繍で「獅子」を背紋に入れました。

遠目からもしっかりシルエットでわかる「獅子」になりました。 金大(金沢大学)工学部の加納先生のご依頼で無地の紬の羽織に獅子の柄を刺繍で入れて欲しい、と依頼があったのは1ヶ月半ほど前でした。こんな感じでというコピーを頂き、 …

はぎれで素敵な巾着

えり華の切り売りの端布(はぎれ)を使ってこんな素敵な巾着を作られたのは本店のお客様のFさん。あまりにもGOODセンスなので掲載許可をお願いしてしまいました。 この端布は紫織庵という京都の町屋のお襦袢屋さんの縮緬の生地。秋 …