Currently browsing author

erihana, Page 32

手前味噌ですが、何と顔写真付きで出ています。

 北陸中日新聞さんの「北経随想」という北陸の経済人コラムに掲載されました。経歴や顔写真まで出ています。いよいよ悪いことは出来ませんね。社員さんのお母様が「社長さんはハナワか?」と髪型だけ見て云われたとか。とにかく話題にな …

加賀友禅作家 藤村建雄さんのこと

 藤村建雄さんはお父様の藤村加泉さんの代から親しくお付き合いさせていただいてます。職人気質なところを受け継いで、お誂えなども受けて下さいます。展示会で見たものでも地色や柄の好みを聴いて下さいます。本店内にある加賀染織工芸 …

乙女の勘違い?!

 きもの華や加賀店での出来事。 高瀬店長は今日も今日とて、手振り手振りのお話しで、お客様と楽しくやりとりしておりました。  昨年好評だった「きものdeさんぽ」スペシャル「華の宴inつば甚」が本年も4月17日に開催すること …

時代袱紗展~加賀のお目出度尽くし~

金沢会場 と き:3月2日(金)~4月2日(月)        ところ:加賀染織工芸サロン(ゑり華1F) 加賀会場 と き:4月5日(木)~5月6日(日)        ところ:加賀染織工芸サロン             …

撮影者 花岡慶子

ペン習字の発表会

   恥ずかしながら、告白します。実は3年前からペン習字を斉藤千佳子先生に習っています。タテマチ本店近くの「喫茶犀せい」さんがお稽古場です。お稽古仲間との楽しい雰囲気、犀せいさんの美味しいカレーと珈琲につられて、無断欠席 …

百年前のお洒落さは

 タテマチ本店で開催中の「時代長襦袢展」。連日、何人もの方が見に来られています。  古着の虫干しにしか見えない人もいらっしゃるかと思うのですが、よーく見るとつくづく、感心するのですね。何種類もの襦袢地を継ぎ合わせてあるも …

ゑり華本店

誤解なら解いて!当店のイメージ

先日の同窓会での会話。「ゑり華(エリハナ)は私らが入れるようなお店でないもんね。」、今に始まった事ではありませんが、近しい方からもこのように言われる事が多く、苦慮しています。  決まって、ご来店頂いていない方の言葉なので …

34年ぶりの中学の同窓会

 ひょんなことから34年ぶりに中学3年生の同窓会を開くことになりました。  たまたま同級生のお1人(女性)が息子さんの入学式に親に仕度してもらったきものを着ようと思ったのですが、着物のサイズや帯や小物の合わせ方が不安で、 …

春の華裳展 「きもの生活提案会」

と き:加賀友禅の店 ゑり華 ところ:2月9日(金)~12日(月) 新春を飾るゑり華の特別企画として、「きもの一筋 ゑり華女将 花岡清枝」を前面に打ち出してのお楽しみな提案会です。 日頃ご無沙汰しています女将が、このとき …

時代長襦袢展

時代長襦袢展 ~隠された贅沢~

金沢会場 と き:2月2日(金)~26日(月)        ところ:加賀染織工芸サロン(ゑり華1F) 加賀会場 と き:3月1日(木)~31日(日)        ところ:加賀染織工芸サロン             ( …

加賀店内

きものde初詣in長浜 写真展開催中

楽しかったイベントを皆さんにお伝えしたく開催しています。もちろん参加された皆さんもこの写真を見ながら注文できます。このときにはあまり話題にならなかったことも、後日談として色々とお話できるのも楽しいようです。参加されている …

勘違いもまた真実!?

「さんぽde初詣in長浜」を企画中のお話。当店の加賀店に出入りされている若い営業マンさんにも長浜行きを勧めていました。この営業マンさんなかなか熱心な方で、着物にも興味をもっておられ自前で用意もされていました。「長浜ならラ …

かんざし選びに夢中です。

京都に「きものdeさんぽ」の会のメンバーさんと前進座のお芝居を見に出かけた際、早く着いたので四条花見小路の金竹堂さんというかんざし屋さんに立ち寄りました。小さなお店ですが、リーズナブルなものから、本べっ甲の立派なものまで …

紗やかさん

次の日の粉白粉のノリが違うんです。

 前進座の裏舞台の披露でも見られた、粉白粉(ドウラン)。地元の芸妓さんも毎日使っています。ただ、お肌には結構なダメージがあるんだろうなと、思いまして年賀代わりに石鹸を贈りました。これがタダノ石鹸ではないのです。効果の程は …

前進座の特別公演鑑賞

    「魚屋宗五郎」菊茶屋女将おみつ役 山崎杏佳さん    「五重塔」お吉役 小林祥子さん NPO「きもの着る習慣をつくる協議会」での参加者に特別メニューが用意された公演でした。「五重塔」、梅之助の口上、梅雀の「魚屋宗 …

きものパスポートなお客様

本日ご来店のお客様Mさん。今からお出かけというタイミングでご来店されました。着物姿を拝見するたびに素敵になっています。  今日のポイントは、紬だけど重ね衿。シンプルにモノトーンでまとめられるのがお好みのMさん。胸元がちょ …

おかげさまで金婚式

   長岡八幡宮 寄り添いの松にて   (このしめ縄をくぐると更に仲良くなるそうな)  きものde初詣の折、二人の写真を撮ろうとメンバーが声を掛けました。 メンバー「会長さん、女将さんとツーショット撮りましょう!」 会  …

きものde初詣 長浜に行きました。

この時期には考えられない位の良いお天気にめぐまれました。  18名の参加を頂き、先ずは八幡さんにお参り。「ボケ封じの大石」に触れて願掛け(もう、間に合わない?)、寄り添いの松のしめ縄くぐり、重要文化財の愛染明王、檜皮葺き …

初釜に行ってきました。

加賀店のお客様とメンバーがお茶のお稽古でお世話になっている先生のお宅で初釜があり、私も参加させてもらいました。  お天気にも恵まれ、何とも日本のお正月らしい贅沢で優雅なひと時を味わうことが出来ました。先生のご主人が茶道具 …

「しばわんこ」のねつけ

和のこころを持つしば犬、しばわんこ。当店では行儀見習いの教科書として「しばわんこ 和のこころ」という川浦良枝さんの絵本をサロンに置いています。  なんとこのしばわんことみけにゃんこのキャラクター携帯ストラップががしゃぽん …

女将のきものコーディネート

ゑり華、華やの女将です。店主の母親になります。当店のカリスマコーディネーターです。青山・ゑり華の移転記念パーティーの席上、山形の野々花染工房主宰の諏訪好風先生が大激白をしていました。「ゑり華の女将さんが好きだ!」と。真相 …

友禅作家の下村栄三さんとゆめ吉さん

おひきずりの話 その3

    友禅作家の下村栄三さんとゆめ吉さん 何とか納期に間に合った、おひきずり。その後のお話。芸妓さんは昨年デビューした、西のはん家さんのゆめ吉さん。この日は苦労して仕上げた加賀友禅作家の下村栄三さんとのご対面が実現しま …

新聞のコラムに私のことが・・・

店主の花岡です。本年もよろしくお願いいたします。 今朝、スタッフからこれって社長のことでないですか?と渡された新聞の切り抜き記事。 北陸中日新聞のコラム「風紋」で、室石部長さんが記された「粋に着るには3年」というものでし …

きものde初詣 参加者募集中

 NPO「きものを着る習慣をつくる協議会」金沢支部、加賀支部主催の新年第1回の企画です。主婦はゆっくり初詣にも行けないので企画して!というメンバーさんからの発案です。小型バスを借り切っての日帰り小旅行です。ふるってご参加 …

時代袱紗と風呂敷展 始まりました。

いよいよ特別展が広坂の国際交流サロンで始まりました。 初日は余り告知もされていないのに結構多くの方にご覧になっていただきました。 北國新聞さんとNHKさんが取材にみえました。 NHKさんは一月5日の朝6:50または7:3 …

加賀友禅手描き小風呂敷を撮影

当店ならではの工房製の小さな逸品。生地は正絹鬼縮緬の重めを使用。シボ(縮緬独特のうねり)が高く、これに細い糊糸目を施すのは至難の技なのです。この高度な腕をもっているのが工房「華」のチーフデザイナーで加賀に伝わるお国染めを …

お嫁入りにつくった着物が・・・

今日は中学校時代の同級生が着物と帯を持って、ご来店。聞けば私が大学を卒業して、京都へ修行へ行っていた頃に当店でつくったもの。うかつにも私は知りませんでした。よくぞお問い合わせ頂けたと、もうそれだけで有難いことです。さらに …

今日も素敵にコーディネート

 お客様がお手持ちの袋帯4本を持ってのご来店。その内1本はまだ一度も締めていない金地のフォーマル用の帯でした。使えない帯と、諦めていたようでした。たまたま、気になっていた加工着尺(普通小紋とひとくくりされてしまっている柄 …

堀夏奈子さんのManner is Love.リリースライブ

 JAZZシンガーの堀夏奈子さんが、新曲リリースとクリスマスライヴを金沢・片町ライブハウス・ケントスで行われました。金沢ナンバーイメージソング「Manner is Love.」は彼女の作詞・作曲です。アップテンポでノリの …

かわいいウリ坊と猪の手拭が出来ました

 ゑり華、華やのオリジナル手拭は開店以来、梨園染の注染です。両面が染まる昔ながらの独特の染色方法です。最近はプリント染が多くなっていますが、味わい深い注染が好きですね。生地は「特岡」という晒し木綿の生地で一番良いものを使 …

時代夜着展 

【金沢会場:ゑり華 タテマチ本店1F】 12月1日~29日(水曜定休) 【加賀会場:きもの華や 加賀アビオシティ2F】 1月1日~27日 夜着は着物の形をした布団です。今回は筒描きで表現した大胆な「松竹梅」の柄を集めての …