人物を描いたヴィンテージ袱紗を展示 本店サロン

最近ではあまり使われることも少なくなっている袱紗ですが、
人生の大切な場面やそれなりの重要なお祝いの祝言の脇役として
活躍した古の面々を展示しています。

今回はその中でも人物を描いた袱紗を特集しました。
いろいろあるものです。

その中でも特に注目は「浦島太郎」ですね。

この浦島太郎は仕立てた状態ではなく、解いて1枚の布の状態でした。
今回の展示のために、学芸員の池田さんが裏地をあてて仮仕立てして
展示できる運びになりました。

毎月の展示物を約2万点のコレクションの中から選び出して1点づつの
キャプションという説明書きを作って、全体の解説、ポスターなど作成、陳列など
実に細かな仕事が多くありますが、そのほとんどは池田さんにお願いしてます。

店主は企画段階でのテーマ決めやサブタイトルなどソフト面で知恵を出すぐらいで、
池田さんのような優秀な裏方さんがいて初めてできる毎月の展示なのです。

加賀の人々の想いの込め方の重さと職人技の高さが伝わる、
面白く興味深い今回の展示になっています。お楽しみ下さい。

会期 : 3月4日~3月28日(日) 水曜定休
会場 : 金沢・タテマチ 加賀友禅の店 ゑり華内 加賀染織工芸サロン
      入場無料

 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村