和紡布の色についてご意見がありました。

一昨年より和紡布の色が一新され、アースカラー中心に渋い色に改定されました。
発売当初より、以前のパステルカラーの方が良かったというお客様の声が上がり、
最近また、同様のお声が上がるようになってきました。

昨年夏、このようなお声を製造元である益久さんへ聞いてもらおうと訪ねました。
益久さんの中でも意見が分かれて、最後は多数決!で決められたそうです。

イメージチェンジとしては理解も出来るのですが、お客様の声にはとても大切な
事情というか、理由がきちんとあることを伝えなければと思い、出向いたのでした。

それは何かというと、乾いている時の色としてアースカラーは良いのですが、
水やお湯に濡らした時の色が問題なのです。
そうです。 ちょっと渋すぎるのです。というより汚く見えるのです。

お肌ツルツル、食器ピカピカを自慢する和紡布がきたなく見えては面白い訳がありません。
清潔感に欠けることもイメージダウンですよね。

ウォーキングタオルのように乾いた状態で使用するものには問題はありませんが
濡らすものには、この配慮は必要と考えます。

というわけで、当店では以前のピンク、ブルーのタオルは引き続き販売しています。
その他の商品アイテムについてはご希望があれば在庫がある限り取り寄せたいと
思います。

当店のお客様の声から生まれた「ミニタオル」の例もあります。
18年間販売を続けている当店の声を益久さんも真摯に受け止めてくださって
います。ご希望に応えるゑり華・はなやでありたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です