衣擦れの音もお確かめ下さい 高平良隆先生の新作訪問着

DSCN4250
下絵を残さない高平先生の作品は一枚ごとに仮絵羽をした白生地に
直接、青花の下絵を描かれます。そんな意味からも高平作品は一点もの!
地色は店主が特に選んでお願いしたもの。淡い薄色がほとんどの加賀
友禅にあって、この濃い地色で描ける先生は少ないのです。
もう一つの違いは、生地。
「衣擦れ」の音、ご存知ですか?
衣と衣が擦れ合う際に聞こえる音を云いますが、質の良いしっかりした
生地は「シューッ」と高い音が聞かれます。店主がお願いするのは今、
考えられる最高の一越縮緬。タテ糸をすべて「ブラタク糸」という最高
品質の糸を使って織っています。
世間に出回っている加賀友禅の大多数は店主から見ると「アウト!」。
とにかく染めてあって、証紙のシールが付いていれば加賀友禅ですから!
生地が悪いとどんな素晴らしい加賀友禅も台無しです。お気を付け下さい。