加賀お国染めミュージアムも涼しく展示変え

DSCN4234 DSCN4235
季節もすっかり夏。梅雨入りでシトシトというより、豪雨、豪雨で列島何処も大変ですが、
皆様の地域ではお変りはないでしょうか?北陸は今年雪が少なかったので、これでダムの
貯水量も少しは安心かもしれません。

ミュージアムも展示替えですっかり夏仕様に。素材が木綿から麻になるだけでとても涼
しげですね。昔の人は上手に季節を楽しんでいたものです。
夜着(よぎ)という昔の掛け布団一つ取ってみても全然違います。とても軽やか!

今月の特集企画は風呂敷。それも「束ね熨斗」の特集です。江戸中期に大流行したこの意匠。
今でも、振袖や帯の柄に使われています。

店主は熨斗の元になった「あわび」が気になります。30年前、輪島で食べた舳倉島で
採れた蒸し鮑の「水戻し」で食べた味がいまだに忘れられません。今となってはもう食べ
られない貴重な体験だったのですね。

先日は観光タクシーの方がわざわざご来店。「どんなところか見ておかないとね!」と
とても熱心に見られ、「素晴らしい!観光の方は喜びますよ!」と絶賛されました。
興味のある方にとっては小さくてもミュージアムでも、大きな感動をお持ち帰りになら
れること請け合いです。 ぜひ、お立ち寄り下さい。 水曜定休、入場料300円です。