きものクリニック無料見積相談会

1705クリニックチラシ
本日より始まりました、恒例ゑり華のきものクリニック。

大切な着物を大事に扱ってもらえるか、親身になって
相談にのってもらえるか、心配は尽きないもの。

本日のお客様は、昨日の北國新聞の記事を見てご来店の
ご新規様。親に任せっぱなしになっていた大切な着物を
何とかして欲しいと持ち込まれました。

手描きで飛び柄の珍しいものでした。一般には小紋と
云ってしまうもの。でもよく見ると衽(正面の縫い合わせ)
は柄が合っています。染きものです。

担当者は不思議な顔で「これは何ですか?」
と店主に聞きます。
「これが、最初の附下だったんだよ。」
「へえ~???!」
こんな調子でスタッフ共々のお勉強会が始まります。
お客様も親にも教わらなかった着物の知識を教わる機会に
なるのです。
どこまで解って誰に任せるかも、お客様の想い一つです。
価格だけでは、見えないものが多いのもクリニックの世界です。
(店主)