1000万円!の加賀友禅振袖を公開!

DSCN3076
いったい、幾つの蘭が描かれているのでしょう。
蕾も入れると大変な数になります。
渋い地色ですが、加賀友禅の振袖になります。
DSCN3075
制作者は 石川県指定無形文化財 加賀友禅技術保存会 会員
高平良隆先生。
制作はかなり以前になります。
DSCN3083
袖にもこれだけの柄が描かれていますが、大作の振袖
らしく、袖の内側にも「振り口布」といって、昔でいう
本振袖という五つ紋を入れた最も格式のある振袖にしか
染めない特別の施しがなされています。
DSCN3085
愛らしい、胡蝶蘭が可愛く散りばめられています。
もちろん、八掛という裏地にも・・・
歩くとちらっちらっと見える正面裏の部分です。
DSCN3080
先生の付けられて振袖の題名もまさに「胡蝶蘭」。
お嬢様の成人式の為に作られたものと同じ柄を地色を
変えて作られた逸品です。おそらく、このグレードの
作品はもう作られることはないでしょう。
高平先生はそのお嬢様のお子様、つまりお孫さんと
過ごす時間を今、最も大切にされています。
DSCN3086
大切な胸の柄です。すきっとした、袋帯が活きると
思います。コーディネートの楽しみな高平先生渾身の
逸品です。
一千万円というのは、店主が誇張して付けた価格。
なにせ、題名は「胡蝶蘭」ですから!
ゑり華が大切に、大切にしているお宝の一つです。(店主)