46年前の「暮しの手帖」に載った花嫁のれんを展示中

DSCN1264 DSCN1267 DSCN1155
表紙の年号からも判るように、1970年大阪万博が開催された年でした。
NHK朝の連続テレビ小説 「とと姉ちゃん」の元ネタでおなじみの暮しの
手帖に、加賀のれんが紹介されていたのです。それも46年前に!
文章は新保千代子さんが書いておられますが、まとまってコレクション
していたのは当店の会長、花岡慎一でした。古い加賀のれんを持っている
お宅を尋ね歩き、撮影した経緯が編集後記の大橋鎮子さんの記述からも
分かります。以前から気になって、いつか本紙に取り上げようと考えて
いらしたようです。
実は、この時に「加賀のれん」という言葉が初めて使われました。
外のれん、内のれん(花嫁のれん)を総称する言葉として、会長が名付け
ました。
今回、夏休みの特集として、特別に掲載されたのれんの中から、秀逸な
花嫁のれんを展示しています。
常設展では「家紋の入った風呂敷」を展示しています。8月28日まで。
金沢市タテマチ 加賀友禅の店 ゑり華 内 加賀染織工芸サロンにて
水曜定休、10:00~19:00 の営業です。  (店主)