石川県立美術館 工芸王国の実力!は必見です。

kougei houmura
9月27日から県美で開催されている「工芸王国の実力!」の
開会レセプションに参加してきました。
北陸新幹線開業プレイベントとして、明治から現代までの
石川工芸の名品が一同に観ることができるチャンスです。

店主も初めて見るものもあり、とても勉強になりました。
見ごたえ十分で、十分時間をとることと、帽子をかぶって
行かれることを、お勧めします。

美術館ではたまにあることですが、見入ってガラスに
頭をぶつける方がいます。しかし、今回は名品をしっかり
見ようと、ドーン、ドン と、あちこちでぶつけているのです。

この音こそ、いかに素晴らしい工芸品が沢山展示されているかの
バロメーターなのです!(これが実力か?!)

今回は2Fの展示も同時に見ることが出来ます。現代の加賀友禅
の作品や、当店所蔵の「友禅鳳凰麒麟文羽織」も2F第二展示室に
展示されています。
また、友禅作家で洋画家の法邑利博さんの洋画展も開催されています。
会場でお会いして、大きな作品の搬出入のご苦労をお聞きしました。
師匠の中町博志さんと柿本市郎さんもいらして、お話しが盛り上がって
いました。 10月26日までの開催です。   久々の店主でした。