『 この作品の題材は何でしょう? 』 難易度☆☆☆

大久保謙一作 訪問着

大久保謙一作 加賀友禅訪問着
景色を描いている作品なので、
割と細かい柄の配置となっています。

なので、遠くから見るとこんな感じです。
大久保謙一作 訪問着 全体

上前を近くで見ると
大久保謙一 訪問着 上前アップ

後姿の雰囲気は
大久保謙一 訪問着 後身頃

上前の衿肩・袖です
大久保謙一 訪問着 上前衿肩・袖

最後に落款です。
大久保謙一 落款

という事で、正解は

『 近江八景 』

でした。

ちなみに、『近江八景』は17世紀以降に成立したといわれ、
近江国(滋賀県)の8つの名所を表しています。
特に代表的なものは、浮世絵師の歌川広重が描いた錦絵で、
「石山秋月」
「勢田夕照」
「粟津晴嵐」
「矢橋帰帆」
「三井晩鐘」
「唐崎夜雨」
「堅田落雁」
「比良暮雪」
の八景が有名です。

「 八 」は末広がりの意を持つことから、
『 近江八景 』は、名所を描いたとても縁起の良い題材なのです。

実はこちらも新作ホヤホヤで、まだ誰も羽織っていません。

「一度羽織ってみたい!」という方、
楽しみにお待ちしております。

(コメント:谷内)