新柄発表で、 『 花当てクイズ! 』

中町博志作

 

スマートな色使いの訪問着が入荷しました!
この配色で作家が分かる方は、かなりの通です。

中町博志(落款)

答えは 中町博志氏です。

では、いよいよ本題です。
「この作品に描かれている花はなんでしょうか?」

中町博志作(アップ)

 

アップでどうぞご覧下さい。
ほぼ答えなヒント→『石楠花』
お分かりでしょうか。

では、答えは!
『シャクナゲ』でした。
今回難易度はいかがだったでしょうか?
また次回お楽しみに!

ちなみに本物のシャクナゲは
シャクナゲ写真

こんな感じです。

花言葉は
「威厳」「警戒」「危険」「荘厳」

ネパールの国花、滋賀県の県花

もともとは高山性の植物で、日本にも数種が自生してます。
古くは神に捧げる木、忌み木とされ、
庭木や植栽にする類の花木ではなかった、との事。

ヨーロッパで改良が進み、明治の末に「西洋シャクナゲ」が
渡来し、一般的になっていった。

作品を深く知ると、加賀友禅がもっと楽しく
素敵なものになっていきますね。

(コメント:谷内)