県美で花コレ「友禅鳳凰麒麟文羽織」が特別陳列


市松柄に鳳凰と麒麟が木綿地に見事に友禅で染められています。

花岡コレクションでも逸品中の逸品はなんと石川県立美術館で保管されています。
この写真に載っているものと、もう一点が県美にて大切に預かってもらってます。

今回のテーマは着物以外の生活の中に生かされた友禅の変遷を探る、という
面白い企画です。

染軸あり、パネル、のれん、洋装品有りと、ちょっと見れない展開を見せてくれてます。
あと、見逃せないのが人間国宝・木村雨山の写生帳です。

その観察眼たるや、やっぱり違います。
自分でめくれないのが、なんともやるせない帳面です。