明治・大正の加賀の唐草風呂敷を展示~お国染コレクション

今回の風呂敷のテーマは「唐草模様」です。

加賀に伝わる唐草のデザインは、どこかシャープで繊細なんです。

と語って下さったのは財団法人 林原美術館の館長 熊 倉 功 夫 先生です。
http://www.minpaku.ac.jp/staff/kumakura/

2002年に国立民俗学博物館で開催された「世界大風呂敷展」で出品した花岡コレクションに
ついてのコメントを頂いたのでした。当時、民博の研究部長さんでこの特別展を担当されていました。

加賀におもしろい風呂敷が沢山あるよと、熊倉先生にアドバイスしたのは
宮井風呂敷店の竹村昭彦顧問でした。

ちょうど7年前でした。熊倉先生と竹村さんが当店に出品用の風呂敷の選品にいらしたのは。

その竹村さんの突然の訃報を昨朝耳にして、呆然としました。

日本で唯一風呂敷博士といえる人でしたから。なんとも残念でしかたがありません。
ご冥福をお祈りいたします。

■ と き : 8月1日~8月30日 水曜定休、AM10:00~PM7:00

■ ところ : 金沢・タテマチ 加賀友禅の店 ゑり華 内 加賀染織工芸サロン

■ 入場無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です