もう一つの「小袖展」~石川県立歴史博物館

   

大阪での「小袖展」の興奮冷めやらぬ間に、ちょうど良いタイミングで
地元、金沢で「小袖展」が開催されています。

こちらは、丸紅さんといって繊維商社のコレクションです。
規模は松坂屋さんのコレクションと比べてはかわいそうですが、
内容は負けず劣らずです。

6月23日から後期日程が始まっています。
店主は今日が2度目。前期日程を見て今回が後期の陳列に変わるのを
待っての観覧でした。

後期の見所はズバリ!「源氏物語海辺文様小袖」です。
実はこの小袖を参考に当店オリジナル風呂敷「汐汲み」は作られたのでした。
すでにお持ちの方はビックリされるかもしれませんね。

その他、図録には載っていない茶屋辻の帷子も必見です。
地元、木村雨山さんの振袖もさすが見ごたえ十分です。

刺繍の豪華な袱紗や、打ち掛け、「本座」といわれる素晴しい絞りの技術も見れます。
7月12日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です