明治・大正・昭和の美しき半衿たち

タテマチ本店内の加賀染織サロンでは時代半衿展を開催中です。
今回は主に刺繍の半衿50点を展示しています。

この時代の刺繍については、ちょっとした思い出があります。

日本工芸会の染織部会の勉強会が10年ほど前に石川県内で行われた際に
当店会長の花岡慎一が講師となって、お国染の講演をしました。

その際に刺繍のことは講演が始まる前に、人間国宝の福田喜重先生に
お聞きしておこうと言うことになり、先生にこれら半衿をお見せして、評価を
頂いたことがあります。

先生曰く、技術的には今も出来る縫い方ですが、ここまで刺しきる「根気」が今は
あるかどうか・・・どれも見事なものですよ。

染については詳しい父もこと、刺繍に関してはちょっと自信がなかったのか、
この言葉を聴いて安心して講演に臨んだのでした。

そんな思い出のある美しき半衿たちを是非ご堪能下さい。
5月31日まで。 入場無料。水曜定休。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です