ジョン・ドゥーイング作品展「融合」日本とイタリアのフォトコラージュ

花岡コレクションの特別展をいつも開催させていただく石川国際交流サロンで、とてもオモローな作品展が開催されています。

ドゥーイングさんはイタリア人。本職は宝石商で、お祖父さんの代から伊勢に真珠の買い付けに来ていたとか。日本語もお上手です。

彼は日本が大好きで、北斎や源氏物語絵巻、日本の四季の花々の色の移り変わり、カタチ、広告まで、みんな大好きだそうで、それが高じてごらんのようなアートまで手がけてしまう方なのです。

能作の岡さんがこの場所を紹介され、個展開催の運びになったそうです。そこで過去の催事をご覧になって、加賀のお国染展に興味を持たれ、店主との引き合わせを当サロンの永江さんがしてくださったという訳です。

作品はどれも不思議な感覚で、パロディかと思わせる雰囲気なのですが、見ていると徐々に彼の世界へと引き込まれていくのが自分でも分かります。

呉服の世界ではありえないような、タブーを彼は面白楽しく、しかも素敵に表現しているのです。
北斎とミケランジェロが一緒に遊んでる! そんな「融合」を感じました。

8月24日(日)まで、月曜休館10:00~18:00(金・土~20:00、最終日~17:00)
石川国際交流サロン(広坂 石亭左隣り) TEL 076-223-8696


(財)浅野太鼓文化研究所 浅野理事長さん、ドゥーイングさん、お嬢さん(15才!)、店主