「時代子供のきもの展」開催中~加賀店より~

季節はすっかり秋になってしましました・・・。
お久しぶりの加賀店からの投稿です。
写真は開催中の「時代子供のきもの展」です。

この写真で満足しちゃぁ…ダメダメ♪
ある観光客(兵庫県から来県の40代女性)さんは
「子供のきもので夏物は初めて見ました。
全部、紋を入れてあるんですねぇ、すごい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「こちらの地方では、こういう背守りなんですねぇ。かわいい」
とか。すごく詳しい方だったので、てっきり同業者さんかと
思ったら、「母がきもの好きなので、一緒に出歩くうちに・・・」
との事でした。「その影響できものが好きなんです」とか。

展示は“夏から秋へ”という、サブタイトルにもありますように、
季節の移ろいを感じる内容です。
何よりも「子を思う親のおもい」が感じられます。
また、展示品が時代物なためか、「子<親」。
親御さんのお話しをする方が多いです。

自分のルーツである「親」を語らずして、子供の話は出来ない
といった構図が、私の今回の新たな発見でした。

時代子供のきもの展
開催中~10/28(日)まで
加賀染織工芸館
(JR加賀温泉駅となり きもの華や内)