『時代風呂敷展』 展示中!

『時代風呂敷展』 展示中!

是非、加賀の風呂敷文化をご覧になって下さい。


↑『時代風呂敷展』店内2Fの展示風景です。


↑家紋入りの風呂敷です。


↑包むと家紋が正面に見えます。

明治時代に入ると、庶民も名字・家紋を持つようになり、
家紋入りの風呂敷が流行して用いられるようになります。

そんな中、雪輪・唐草輪・松葉輪などの変り輪の中に
自己の定紋が入っているのは、加賀の特徴といえます。

( 『時代風呂敷展』解説文より )

どうぞお気軽にご覧になっていって下さい。

(コメント:谷内)