『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

『ゑり華 加賀友禅 collection』 ~mini版~

加賀友禅訪問着 松井眞夫作 「墨梅茶屋辻」

あっさりと描いた茶屋辻に細身ながらも力強い墨梅が、

「間」と「裾暈し」を上手く使ってバランスよく作られている作品です。

 


↑「華やかさ」というより「しっとりとした日本女性」という感じで着られる訪問着です。


↑上前柄のアップです。「間」を使って描かれています。


↑下前衽の落款です。


↑『加賀友禅系図』より抜粋。木村雨山先生系列です。

松井眞夫氏は現在「石川県指定無形文化財」として
加賀友禅の発展にも貢献されてます。

当店会長花岡慎一とも深い交流があり、
素直にアドバイスや意見を受け入れ、作品に繁栄させる
非常に勉強熱心な方でもあります。

この作品は、「すっきりまとめる」という感じでコーディネートすると
本当にきれいに映ります。

組み合わせるもののカラーバランスに1番気を配りたいたいです。

(コメント:谷内)