木村 孝(たか)さん ご来店。

女将とも親交深い染織研究家で随筆家でもいらっしゃる木村孝さんがお忙しい中、ご来店くださいました。地元百貨店で川島織物さんの展示会で講演をされる為に東京からいらしていたのですが、お帰りになる前の僅かな時間作ってを当店にお寄りいただきました。
 美しいキモノや、きものサロンでおなじみの木村さんなんと今年八十八の米寿を迎えられるとのこと。益々お元気で執筆活動にも、講演にと全国を飛び回っていらっしゃいます。
 お元気の秘訣は?とお尋ねしたところ、「好きなことだけしていたら元気よ。」

ちょうど開催中の桐生の絲都のそよ風展をご覧になって、なんて素敵な御召や絞りのお着物なの。こんな着物をもっと沢山の人にご紹介しなきゃ。と言って、すぐに雑誌掲載の段取りを組んでくださいました。(仕事が速い!)

加賀のお国染、花岡コレクションは量と質に驚かれ、「文化庁にはお話したの?」という具合でこちらのほうが恐縮するほどの関心度でした。ちょうど本日の番組放映をお伝えして、なにかのご縁を感じた次第です。

せっかくお金持ちになってもきものに目が向けられないことを嘆いておられたのが印象的でした。少しでも木村さんの想いを遂げられるよう力になりたいと思う店主でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です