博多帯で夏を満喫っ!

週明けには7月がスタート。

7月は、各地で花火大会や夕涼み会etc…

夏のイベントが満載ですね。

そんな時に着ていくのが「浴衣」ですよね。

今回は浴衣にあわせてOKの「博多帯」をご紹介。

 

こちらは、博多四寸帯です。ズレにくく、しめやすい帯です。

☆ かわいらしくしたいときは、蝶むすびに、キリッとしたいときは、貝の口無むすびで☆

チョット浴衣の柄ゆきが着物っぽい長板や藍染めの絞り浴衣には、名古屋帯もステキにまとまります。

 

この名古屋帯の柄は「献上柄」といい、独鈷(どっこ)・華皿(はなざら)・親子縞・孝行縞の4つの柄ゆきでできています。

ただ「博多帯」と普段言っていますが、柄にはきちんとした意味があるんですよね。

夏になると、毎年改めて思い出すのでした。

(荒谷)