きものクリニック後の加工一例です。

タテマチ本店では、5月にきものクリニックをしました。

今月は、そのお手入れ品がどんどん仕上がってきました。

クリニックに出して下さった皆さん、ありがとうございます!

そんな中から、一例です。

 

こちらの写真は、お客様の洗い張りが終わり、身丈が

足りない為、足し布をします。お客様の寸法に合わせて

足し布位置を決めます。

この時は、ほどく前にみえなかった汚れやシミ等も

確認します(左下にある緑のシールは、シミ箇所)

 

 

 

 

 

こうして、寸法を確認しお仕立てをしていきます。

すると、仕立て上りは、こんな感じです。

(↑上の写真は、これから加工をしますので、出来上がりは後日)

きものは別ですが、左の写真は私の私物です。

私のきものも身丈が足りず、生地を足して仕立て直し

しました。実際に着ると、帯の下に隠れますので、

足し布生地の色は、特に気にしませんでした。

 

 

 

 

 

これからは、夏に向かっていきますのでどちらかといえば浴衣が多くなります。

もし、秋冬に着用したい着物があって何とかしたい!方、心配せずにお持ち下さい。

 

ついでに・・・

こちらも私の私物ですが、羽織から名古屋帯にお仕立てしました。

単衣時期に締める帯がなかった為、薄地の色も気に入り重宝しています。

 

さりげない感じのお太鼓柄が気にいっています。

生地が柔らかいので締めやすく、力がなくても

十分締めれます。

(多少の汚れ等、ご了承ください)

 

 

 

 

 

 

これから梅雨時期のに入ると、タンスは湿気が溜まります。

点検のいいきっかけになりますように・・・。

(荒谷)