「これって何とかなりますか?」 

お客様より

「これ、何とかなるか見て下さい」

とのご相談です。

↑色無地です。

 

かなりの年数が経っているもので、
部分的に色ヤケが起きていて、全体にムラムラっとした感じになってしまってます。

お客様のご要望は

「出来る限り元の状態にして下さい」
「出来ない場合は、この先でも着られるような色に染替えて下さい」

との事でした。

お客様のご要望どおり、
まずは 『ヤケ直し』 で何とかなるか見積りします。
見積もり次第では 『抜染⇒染め直し』 の方法を見積もる、
という構えで進めていく計画でいきたいと思います。

この判断基準は
生地の耐性、色ヤケの程度と範囲、どれだけの年数が経っているか、
などの症状を診断した上で、
お客様のご要望を満たす方法を導き出す、ということです。

 

しかも、見ると


↑下前衿先裏に『ゑり華ネーム』が入ってます

当店でお仕立てした着物です。

お客様の大切な着物を守る為、
そのご希望に応えられるよう全力で取り組ませていただきます!

(コメント:谷内)