ゑり華・金沢本店では「時代加賀の花嫁のれん展」


向かって右は加賀紋が施されています。


華やかになる前のものは地味でした。

 本店内の加賀染織工芸サロンでは「時代花嫁のれん展」を開催します。~布に込められた親の願い~と題して、華やかな友禅の世界を堪能していただきます。
 時代物と言うことですが、年代的には藍染めの古いもので江戸末期、カラフルな色彩で染めれるようになるのは明治の後期から大正にかけてです。科学染料が地方の染屋さんにまで普及し始める頃と一致します。理屈抜きに綺麗な花嫁のれんは加賀と能登地方独特の風習でいまでも続いています。七尾の一本杉通の花嫁のれん展は4月の連休からです。それまで待てない人はぜひこの機会にご覧になってください。
 国際交流サロンの御帰りでもお寄りになってはいかがですか? 

1月3日から27日まで。
水曜定休、入場無料。