師走の東京で


見たことの無い黄色い車両?!何線?

たまたま特別仕様車に乗った店主でした。

久しぶりに青山・ゑり華に行きました。その際、新橋から地下鉄銀座線に乗るのですが、乗ろうとしてびっくり!「まちがえた!?」と思ったのは見たことも無い車両が目の前に出現したからでした。
 まっ黄黄の車両はなんと地下鉄開業80周年ということで、車内も80年前の銀座や新橋のレトロな写真を展示していました。
 80年前は昭和2年、着物姿の人も多く皆着物を楽しんでいます。
 次の日、歌舞伎座で初めて一幕席(立ち見)で歌舞伎を楽しみました。演目は玉三郎と海老蔵の「紅葉狩」。能仕立ての舞台でした。この後続けて勘三郎の「水天宮」も30分ほどだけ観て、後ろ髪を引かれながら歌舞伎座を後にしました。
 わずかな時間でも一幕席なら900円で楽しめます。生の玉三郎と海老蔵が900円ですよ!とても得した気分でした。しかしながら思いつきで行ったものですから回りの人が全員持っているのに店主は持たずに4階まで上がっていました。さて何でしょう?
そうです「オペラグラス」です。せっかくの生の玉三郎と海老蔵も一幕席からはほんとに小さくしか見えませんでした。残念!
今日の反省=一幕席はオペラグラスは必需品です。お忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です