着物も帯も加賀友禅!

加賀友禅でのフルコーディネートをご紹介。

加賀友禅付下 金丸修一作

「この付下は金丸先生で『高原』という題がついています。

高原に咲く草花がとても優しく、そして力強く描かれていて

私の大好きな逸品です。

この付下に合わせる帯を色々と考えたのですが、

『ながしま』製で加賀友禅作家、由水十久先生の『うなゐ』の柄に決めました。

墨色地に、とってもかわいい『うなゐ』の柄が、

色使いと共におしゃれ感を出していてピッタリはまりました!」

コーディネート:大原

 

着物も帯も加賀友禅。

加賀友禅好きにはたまらない組み合わせです。

しかも、着物と帯の地色の相性が最高です。

品の良さとおしゃれ感が両立するコーディネートは

じっくり見てても飽きが来ません。

帯締めは主張しない色使いで全体をスッキリとまとめるのがポイントです。

思い切って『白』を入れてみてもいいですね。

こんなコーディネートがタンスにあったら

着るのが楽しみでしょうがないですね。

(コメント:谷内)