07’第43回 加賀友禅 青花会創作展 をみました


松川恵理さんの染額「Hurry Up」 メルヘンチックな兎がとても素敵でした。 

 加賀友禅のお弟子さんが日頃の研究成果を見てもらう、発表会です。今年で43回ということで、代々の先輩方から積み重ねてきた会なのですね。
 店主はこの会が好きです。落款登録される前で自由に個性を出しているところが好きです。
今回も感性の良い人の作品を観ながら、こんな人がうまく育ってくれたらいいなと想いをはせました。
 染額などでは自由に描いている人が、着物になると急に硬く枠に閉じ込められたように表現がつまらなくなってしまうのが残念でした。
 ぜひ、若い方には自分ならこんなきものが着たい!着せたい!という想いで創って欲しいと思う店主でした。お時間のある方はぜひ、ご覧になって励ましていただければ嬉しいです。

 会場は加賀友禅伝統産業会館2階<入場無料>12月4日まで


松川恵理さんの「komono」 思わず手に取ってみたくなります。ブローチや髪留めです。


同じく松川恵理さんの作品。


青花会の会長をされている、高田克也さんの染額「ほおずき」。銀箔がとても斬新でした。


着物や帯の力作もあり、少ないながら見ごたえがありました。