はぎれで素敵な巾着

えり華の切り売りの端布(はぎれ)を使ってこんな素敵な巾着を作られたのは本店のお客様のFさん。あまりにもGOODセンスなので掲載許可をお願いしてしまいました。
この端布は紫織庵という京都の町屋のお襦袢屋さんの縮緬の生地。秋草文様が市松取りに染めてあります。何とも涼しげでもあります。
Fさんのセンスは巾着の紐の結び玉にも出ています。共生地でおくるみにしてあります。更に、皮紐で荒く編んだ巾着と組み合わせて、いっそうの涼しさを出されています。
実はこの日は別の無地の巾着を組み合わせて、ご来店。写真はご自身が撮られた写メールです。転送して頂き、掲載させていただきました。ありがとうございます。