今日は父の日、加賀の和柄ネクタイを贈ろう


華くらぶ 宝尽しネクタイ

 「お父さん毎日ご苦労様です。」
 娘さんがこんな声を掛けてくれたら・・・

 誰も言ってくれないので自分で云ってます。そんな寂しいお父さんもいらっしゃるかもしれませんが、そんな方でも「ツキまくる!」すごいネクタイを当店ではオリジナル制作しています。名づけて「華くらぶ 宝尽くしネクタイ」。
デザインの元はお馴染み当店会長のコレクションから取っています。実は加賀のれん(外のれん)の市松取り宝尽し文様から引用しています。筒描きの糊の味がなんとも云えないおしゃれさを醸し出しています。
生地はもちろん絹100%、織は京都・西陣で織っています。図柄ワンパターンですが、釜数で2通り。色数はなんと30色を超えています。季節に応じて微妙に変えたり、新色を追加したりと、累計製作本数は2000本を超えています。プロ野球のヒット数なら名球会入りです。
それだけ飽きのこないデザインということなのですね。白っぽい色は婚礼に使えます。お一人で何色も持たれている方もいらっしゃいます。何にももらえなかったお父さん、是非ご自分のご褒美に1本いかがですか?

 余談ですが、何故かこのネクタイを求められた方は、宝くじを買いにいかれます。縁起を担いでいるのでしょうかね。大当たりのご報告はありませんが、いいことあったよ(いい子と逢ったよ?)というお話はいくつか聴いております。そんなラッキータイなのです。

 
花岡慎一著「加賀のお国染 のれん」より

「宝尽しネクタイ」を求める