オリジナル手拭を軸装しました。


小林秀明原画 

中廻しと一文字

 額装もなかなか立派になるのですが、更に立派になりました。本格的な美術表装の要素を取り入れて、反りや狂いがほとんど無い特殊な装置と材料での仕上げです。
 仕立て方は丸表装仕立。 一文字(本紙の上下に貼る金襴の布地)以外を全て同じ裂地で仕立てる表装方法です。 本紙(軸装するもの)が手拭という木綿なので、中廻し、柱(本紙の周りの布地)は無地純綿裂(綿支那パー。縦糸・横糸共に純綿糸で織り上げた「無地裂」)木綿地を使用。一文字も長年の豊富な経験と研究に基づき開発された「洛彩上緞子」は、綿糸を縦糸、人絹糸を横糸で織り上げた表装用の高級裂地です。厳選された優雅な柄ゆき、伝統に育まれた上品さが絶妙な調和を醸し出します。
 手拭込みのお誂え価格は8820円を予定しています。納期は2週間。組み立て紙箱収めですが、ふた付紙箱、桐箱とご要望にお応えできます。中廻しの色も変えれます。一文字は変えれません。

この手ぬぐいを求める