DSCN7502

加賀友禅巨匠三故人の染帯 その2 水野 博

人間国宝・木村雨山、水野博、談議所栄二。 半世紀前、加賀友禅を日本的なレベルに押し上げた巨匠たちです。 お二人目は水野 博 作  「鯉」 です。 思わず息を呑む、その迫力はさすが「水野博」と落款を見ずともうなずく 云わず …

DSCN7495

加賀友禅巨匠三故人の染帯 その1 談議所栄二

人間国宝・木村雨山、水野博、談議所栄二。 半世紀前、加賀友禅を日本的なレベルに押し上げた巨匠たちです。 先ずは談議所栄二作 「椿」です。 一見、派手な色に見える「朱」ですが、加賀ならではの色合い。 藍の結城紬や、泥大島、 …

IMG_3258

トンボ玉 ワークショップ開催

自分だけのトンボ玉創り、体験してみませんか? 指導は、ゑり華オリジナル「加賀の瑠璃」制作でおなじみの三ノ上暁雲先生。 難しい所は、ちゃんとお手伝い(ほとんどしてくれるかも?)。 これからの季節、浴衣にピッタリのかんざしは …

DSCN7422

新刊本「家紋と名字」の表紙に時代夜着が、

A4版で見やすく図解も多い楽しい本です。最近、NHKでも名前を めぐる番組が放映されたりと、何かと話題になっているヒストリー物。 自分のルーツを求めて興味を持たれる方も多いのでは? 名前や家紋で自分のルーツが解る!という …

DSCN7419

6月のお国染ミュージアムは時代半衿展

百年前の素敵な半衿が並びました。見どころは何と言っても精緻に縫い こまれた刺繍の技と根気。点数は少ないですが、見応えは十分です。 明治・大正の女性はここまで衿に凝ったのか!と驚かされます。 その他、夜着・子供の着物・袱紗 …

_MG_8294

開運!なんでも鑑定団 夜着の鑑定をしました。

店主が大好きなTV番組の協力をすることになりました。それは、 6月5日放送予定(石川県は少し後になります)の「開運!なんでも鑑定団」。 最後に登場する四国は愛媛県伊予郡砥部町にお住いの豊島さんの依頼品。 それは上の写真に …

DSCN7369

背守り押絵紋 新作 月見桜と宝袋

寺井先生から新作が届きました。 桜は一年中楽しめる日本のお花。女優の宇野千代さんの御蔭です。 宝袋は「宝尽し」のメインキャラクター。ゑり華コレクションにも沢山 出てきます。実はこの宝袋、口を結ぶ紐が解いてあるもの、結んで …

相良刺繍とスケール

相良刺繍の逸品をご覧にいれます。

ゑり華もこれまでに様々な刺繍の着物をご紹介してきましたが、今回は 相良繍いだけの着物と帯の作品です。とても品の良い精緻なものです。 上の写真は小さな部分の拡大写真です。上に写っている櫛のような黒い 線は「物差し」です。一 …

DSCN7149

加賀の藍染展 見どころ その2

国際交流サロンで開催の特別展 「加賀の藍染」もあと3日。 雨もすっかり上がって、清々しい日となりました。 いつもはお部屋の壁側に掛けている暖簾ですが、今回は試しに本来の 使われ方で展示しました。 するとどうでしょう! 麻 …

31067455_2120925451256694_6396664939062231040_n

書道アーティスト Maaya とワークショップ

ゑり華にあの Maaya Wakasugi がやってくる! あの、NHK大河ドラマの題字も揮毫した世界を舞台に活躍する Maaya が何とゑり華にやってきます。 なんでゑり華に!?    こっちがビックリしているくらい …

朝日新聞記事

加賀の藍染展 見どころ紹介

ゴールデンウィークも後半に入りましたね。今朝の朝日新聞にも 大きく紹介されました。取材をして下さった近藤さんが店主の 「このボロがいつか錦になる」という父の言葉を何とか記事に したくてと、じっくり練って頂いた文章は我が家 …

DSCN7141

加賀のお国染展 特別企画 花嫁のれんくぐり体験 無料

金沢・広阪の国際交流サロンでは加賀の藍染~JAPAN BLUE~ を開催中ですが、初めての企画として「花嫁のれんくぐり体験」を無料で 開催しています。 今回の展示は加賀の藍染、ということで藍染の作品ばかりの展示ですが 唯 …

DSCN7292

加賀お国染ミュージアム1周年特別企画開催中

金沢・タテマチ ゑり華本店2階を会場に、加賀お国染ミュージアムを 開館して丁度1年が経ちました。 わんさか人が押し掛ける訳でもなく(そんなにPRもしてませんから) 興味ある方がポツポツとお越しになっています。有難いことで …

DSCN7275

GW 加賀友禅まつり 開催中!

ゑり華タテマチ本店2Fの装いも新たに、新柄も揃ってゆっくりご覧頂ける スペースにしました。 そう言いながら、昨日は関東方面のお客様が重なってスタッフはてんてこ舞い。 お客様は、とっても満足げでした。 加賀友禅の歴史を語る …

DSCN7118

加賀のお国染~JAPAN BLUE 加賀の藍染展~

今年の春の特別展 テーマは「加賀の藍染」。 14年目にして初めて能登上布も展示します。 日本人に一番親しまれている「藍色」。 Japan Blue を地色に加賀独特の文様が躍動しています。 国際交流サロンのステキなお庭と …

DSCN7104

加賀、京都、十日町の友禅振袖を一堂に

百貨店に行ってもなかなか見ることのない加賀友禅の振袖をはじめ、 京都は京友禅の名門 千總(ちそう)、そしてもう一つの友禅産地 十日町の手描き友禅。この三つを専門に扱うゑり華。 友禅の振袖を見比べ、着比べて選べるのはゑり華 …

お預かり品を入念にチェックしています。

本日より、きものクリニック無料お見積り、相談会

「もう、22年になるんですよ!」ドクター池田が今回、タテマチ本店に 入られての第一声。 大変長いお付き合いをしていただいているものだとつくづく感心しました。 着物に対する愛着心というか大切なものをお預かりしてご満足を頂け …

DSCN6967

4月の加賀お国染コレクション~宝尽くしの風呂敷

毎月展示替えをしえているコレクション企画コーナーです。 今月は加賀の風呂敷。それも「宝尽くし」柄特集です。 写真手前は大変年季の入った一枚。継ぎ接ぎが半端ないです。 それだけ、大切に使った証ですね。愛着のほどが伺えます。 …

DSCN6903

きものdeさんぽ 楽しく終了

今回の「きものdeさんぽ」はいつもと違って、アカデミックにいきました。 北陸大学の長谷川教授に加賀本多博物館の列品解説を楽しく頂き、お昼は 博労町の寿屋さんで美味しく会食を楽しみました。長谷川先生の解説は、 とても解りや …

1803県和装文化協会記事

石川が誇るきもの文化を世界へ パネラーしました

県和装振興会副会長ということで、会長代行で今年もパネリスト兼 コーディネーターということで、ゲストの麻木久仁子さんのトーク ショーの前座を務めました。 パネラーは加賀友禅作家の志々目哲也さん、能楽師の藪俊彦さん、 紅一点 …

DSCN6642

背守り加賀押絵紋 新作 梅シリーズ

寺井先生より、季節の梅柄の背守り押絵紋が届きました。まだ金沢は雪に 埋もれていて、春が待ち遠しいのですが気分だけでも梅柄で春の気分に したいですよね。 上段 梅鶴 、下段 ねじ梅 いづれも 2500円税別 です。 ネット …

DSCN6636

イマジンワンワールド 加賀友禅で新たに10作品を依頼

2020年に向けて、世界各国のきものと帯を制作して日本文化の華である きものを通して、世界が一つになる!という壮大な夢が、いよいよ現実味を 帯びてきました。この春には100着のきものが完成予定。最初は夢物語と 一笑された …

1802附下 翔

羽生結弦に捧ぐ 加賀友禅附下 「翔」

興奮冷めやらぬ、平昌五輪のフィギュアスケート男子。 羽生結弦選手が五輪2連覇を達成しました。 大のユヅファンの加賀友禅メーカーの奥様が創られた加賀友禅がこれ。 題して「翔」。 金色に輝く羽と銀色の羽が、リンクのシュプール …

180215北國 トレシー記事

東レさんより 花嫁のれん柄新作発売の発表

本日の地元紙に東レさんより、トレシー「花嫁のれん柄」3巾の新シリーズの発表が出ました。 当店のネットショップ「はなや」からもお求めになれます。 東レ トレシー 加賀のお国染シリーズ よりどうぞ。

DSCN6403

ネットショップ「はなや」の会員特典開始

ネットショップ「はなや」をご利用、ありがとうございます。 和紡布は発売以来沢山の方にご利用頂いております。そして、 今年で発売25周年を迎え、お届けした和紡布も100万枚を 超えました。 そこで、和紡布ご愛用の皆様でネッ …

美肌づくりに一役買います。 その4~応用編

この布は自分の身を減らしながら、お役に立ちます。ですから、段々生地が痩せてきます。力が入る所から、ほころんで来ます。つまり、糸が切れて、ボロボロになってきます。どれ位でそうなるかは、個人差があります。力を入れて、踵など擦 …

kitchen_fukin[1]

美肌づくりに一役買います。 その3~使い方のコツ

単純な布ゆえ、使い方も簡単です。 たっぷりお湯を吸わして、優しくなでてあげればOKです。 ここで注意して欲しいことは、 決して、アカ擦りのように絞って、カラカラの状態でこすらないことです。 あくまでも、水分たっぷりのウェ …

teboushi

美肌づくりに一役買います。 その2~益久コットン

初めは、紡績機の存続のため織っていたガラ紡ですが、この布が持つ不思議な力に気付いたのは琵琶湖周辺の人でした。琵琶湖の水を少しでも綺麗にしたいと考えていた主婦の知恵で、洗剤無しで食器が綺麗に洗えることが判り、身体も石鹸無し …

押し絵作家 寺井正恵先生

背守り~加賀の押絵紋 その4

ゑり華の背守り押絵紋を制作して頂いている寺井先生を ご紹介したいと思います。師匠である山本ユタカ先生には 平成14年から約6年間ほどお世話になりまして、その後は 色紙等大物を少しづつ作って頂いております。平成20年 から …

背守り~加賀の押絵紋 その3

sesame(セサミ子供ファッション雑誌)に花岡慎一コレクションの時代子供の着物が 2003年の1年間連載された折、当店の押絵背守りも紹介される機会に恵まれました。 15年前の話ですが。今だに、その記事を覚えておられる方 …